message board test for PC

昨日の思考技術とゴルフのネタに、何人から反応いただいた。
そういえば、以前、ゴルフのロジカルシンキングを考えてみよう、と書いたこともあったし、2ヶ月続けてそろそろ日記も飽きてきたので、ちょっと連載モノでもやってみようと思う。
 
題して「ゴルフと思考技術」。
ゴルフに興味のない人には、まったくつまらないかもしれませんが、ご容赦ください。
 
 
さてさて。
仕事でも、ゴルフでも、何かを変えようと思い立った場合に必要なのは、何をさておいても「正しい現状認識」である。
 
以下の分類は、これまでの経験を通じて、少ないストロークで上がるための問題点の整理方法を検討して、私なりに考えたものである。ちょっと見慣れたものと違うかもしれないが、ショットごとの目的を考えると、こんな感じになると思う。
 
(1)「前に進めるショット」とは、パー4のティーショット、パー5のティーショット、およびパー5でグリーンに届かないセカンドショット。
(2)「出すショット」は、木の後ろ、ハザードなんかで、普通に打てなくて出すだけのショット。
(3)「グリーン狙うショット」は、30Y以上自分のクラブで届く範囲内からグリーンを狙うショット。パー3のティーショットもここに含む。
(4)「アプローチ」は、カップから30Y以内のショット。
(5)文字通り。
 
 
通常のコースは、規定打数72である。
去年1年間のプロのトーナメントで、72であがった人のストロークを見ると、およそこんな感じである。
 
(1)前に進めるショット:  18 (25%)
(2)出すショット:             1 (1%)
(3)グリーン狙うショット: 18 (25%)
(4)アプローチ:              5 (7%)
(5)パッティング:           30(42%)
 
ここに今、HDCP12を持つ私の友人の過去1年間のスコアカードの平均がある。
 
(1)前に進めるショット:   18(21%)
(2)出すショット:             3(4%)
(3)グリーン狙うショット:  19(23%)
(4)アプローチ:             10(12%)
(5)パッティング:            34(40%)
 
さて問題です。
彼が、今後平均72で回れるようになるためには、手をつけるべきポイントはどこでしょう?
 
考え方は明日。
 
知識工房 山崎

最近、あるクライアントの依頼で、何名かの方の採用面接のお手伝いをしている。
 
当たり前の話であるが、履歴書だけではその人の経験は十分にわからない。履歴書には、どこにでも通用しそうな幅広い経験を書くのが普通である。
気の利いた応募者は、面接に望む会社で何が望まれるかある程度想像した上で、メリハリをつけることもある。
しかし、あくまで予測や想像に基づくものであり、こちらの期待にぴったりした内容が書かれているとは限らない。
 
結局、お会いして話してみないとわからない。
そこで、本当に相手の経験を見極めるには、「質問力」が重要になる。
履歴書に書いていないこと、あるいは、他人からきっかけを与えられないと思い出せない経験というものがある。
これを引き出す技術が重要だ。
 
弊社では、前職時代の経験を元にまとめた「コンピテンシー面接」のトレーニングがあるが、この技術を使うと、面白いほど応募者の経験が見えてくる。
 
最近の例。
クライアントの会社でうまく成果を出すには、外国人とのコンフリクトをマネージする力が求められる。
応募者の履歴書には、外資系の会社で○○していた、という程度しか書かれていない。
そこで、
「あなたは、外国人とコミュニケーションするのが得意ですか?」
という質問は、愚問である。
 
「最近仕事でうれしかったことって何?」
「それって、どんな人が関わってたの?」
「その人とどんなやり取りしてた?」
「何が問題だったの?」
といった質問から、具体的な経験を聞きだす技術が、必要だ。
 
季節柄、採用面接に携わっている方も多いと思うが、一度面接技術を体系定期に整理したい方、弊社の教材「行動特性インタビュー」をご利用になってはいかがでしょうか。
お役に立てるとうれしく思います。
 
知識工房 山崎将志

e0c13dfe.gif
以前から、いわゆる「コンピテンシー採用面接」のための研修を提供しているのだが、このたび、うちの会社で使っているテキストを製本し、教科書として販売することになった。
 
採用面接にはいろんな手法があり、学生のためのマニュアル本や面接官のための教科書など、さまざまなものが出ているが、最近の主流はいわゆる「コンピテンシー面接」とか「行動特性インタビュー」などと呼ばれる手法である。
 
これは、印象レベルで人を総合的に判断するのではなく、過去の行動から対象者の具体的な経験やスキルレベルを測定するための、強力な手法である。
 
前職時代のある時期、この手法を集中的に研究し、自分が実施する採用面接で3-4年にわたって活用&ブラッシュアップした。
その結果、以前だったら積極的にマルをつけなかったであろう人材のいろんな面を発見することができたり、あるいは表面的に調子のいい人間を排除することができるようになった。
 
管理職として人材の採用に携わる方々には、必須のテクニックだ。
 
また、採用にかかわってなくても、人物を見る目を養うのに役立つ。取引先や顧客が、どの程度のレベルにあるのか、相手に怪しまれることなく、容易に行動特性を浮き彫りにすることが可能だ。
 
簡単に身につけられるので、ぜひご活用ください。
 
知識工房 山崎 将志

いやぁ、優勝しましたねぇ、日本チーム。
 
先週末、女子ゴルフのワールドカップ、第1回大会が開催されていた。
各国代表がペアを組んでスコアを競うのだが、3日間競技の初日からトップを走っていた日本が、なんと優勝!
 
宮里・北田ペア、すごいですねぇ。
深夜1時に思わず大声を上げてしまった。
 
乗ってるプレーヤーはグリーン周りとパッティングが冴えてる。
逆に、それが悪いと、ぜんぜんスコアにならない。
 
それにしても最終日、宮里のパッティングは冴えまくっていた反面、北田はかわいそうなくらい入らなかった。
プロでも自信がなくなると、ストロークも悪くなるんだなぁ、と実感。
15番の2メートルくらいのパットなんて、ボールヒットする前からもうカップ見てて、こすったみたいなパッティングで右にはずし。
16番の1メートル・下りのフックラインも、合わせに行った感じ&傾斜読みすぎで左に外し。
ゴルフは90%がメンタルだと、あるプロが言ってたけど、ほんとにそうなんだなぁ。
 
プレッシャーあり、しかも自分の調子が悪いときにも、プレースタイル崩さないのって、難しいんだなぁ。

知識工房 山崎将志

今日は午前中は、埼玉で調査。

その後午後は、別のクライアント先で調査ツール作り。
久しぶりに仕事でプログラムを書いた。
サーバの設定が特殊で、ちょっと手間取ったが、何とか20時ごろにはそれなりのものが完成した。

その後、銀座の「煙事」なる燻製料理を出す店に、前職時代の先輩(男)、後輩(女)と食事会。
メニューがなく、酒を飲みながら適当に店員が勧めてくれるものを食べる、というシステムの店。

私は約束の時間に30分ほど遅れていったのだが、合鴨やホタテのスモークが残ってたのでいただく。うまい。
あとたくあんの燻製も。これがまた絶品。

私は酒を飲まずにドライ・ジンジャエール飲んでたんだが、かなり空腹だったので、食事を頼むことに。
ここのお勧めのカレーを頼む。

運ばれてきたカレーは、かなり黒い感じ。
ごつごつっとした肉がいくつも転がっている。うまそうだ。

一口食べてみると、今までにない味。
ナッツのペーストみたいな感じ。
店員に聞いてみると、ごま油らしい。
なるほど。こういうのもありか。

肉も柔らかく、口の中でとろりと溶ける。
あっという間に平らげてしまった。

・・・
話の中で、釜炊きご飯の話題になる。
しばらく前、うちの相棒の家でご馳走になった釜炊きご飯に感動し、我が家でも一時期釜炊きブームがあった。仲間がその話を思い出し、今度うちの事務所で「釜炊きご飯の会」をやることに。

白米に最も合う一品(逸品)を持ち寄り、釜炊き飯を食す。
何が合うのかなぁ。
梅干、塩辛、明太子・・・ありきたりなものしか思いつかない。
いや、実はありきたりのものが、一番うまいのかもしれない。

3月中旬ごろにやる予定。
これから1ヶ月は逸品探しの旅。
楽しみ。


知識工房 山崎将志

今日はいつものクライアント先で、役員向けプレゼンの最終化に向けた打ち合わせ。
 
PCがオフィスに普及したことで、多くの会社で会議資料がどんどん厚くなっている。ご多分にもれず、この会社の資料も、厚い。
 
報告を聞いている立場としては、厚い資料は読むのに疲れるし、短い時間ではなかなか頭に入りにくい。
 
そこで、基本に立ち返って、A3の紙1枚にまとめよう、ということになる。
 
一応コンサルタントを干支が一回りするくらいやってるし、研修講師もやってるので、自分ではできるつもりにはなっている。整理は得意だ。でも、本当の意味でクライアントの業務の細かいところまではわからない。
一方、クライアントは細かい業務は実体験として理解しており、かつ会社を良くしたいという熱い思いもあるが、だからこそあまりロジカルに整理するのが得意でない傾向にある。
 
こういうときに、違った経験や得意領域を持つメンバーのコラボレーションが本領を発揮する。
 
今日は3時間みっちり議論して、いい感じで終わったなぁ、と個人的には思ってるのだが、結果はどうだろう・・・。
もう少し時間があるから、がんばって考えよっと。
 
知識工房 山崎将志

今朝、eラーニングがらみの協業の話で、某老舗企業と打ち合わせ。
その会社が担いでいるアメリカ産のeラーニングプラットフォーム(LMS:ラーニング・マネジメント・システム)の日本における展開の話。
90年代後半からアメリカでeラーニングの市場が拡大し始め、私もアメリカで何ヶ月かeラーニングの修行をし、日本に帰って本も書いてみた。
日本でも相当な規模の市場になるとのレポートが出たが、結果はあまり芳しいとはいえない。
日経のeラーニングのサイトは閉鎖されてしまったし、eラーニングワールドも、2004年はかなり寂しいイベントであった。
私の会社に入ってくる案件はほとんどが業務改革や収益性向上といった、より本業に近いテーマがほとんどで、eラーニングの話はあまりない。
また、クライアントとの仕事の中でも、eラーニングはほとんど話題にならない。
そもそも、eラーニングは、非常にコアビジネスに近い領域でなのだが(詳しくは拙著ご参照ください)、なんだか市場では単なるウェブベースの研修管理システムと、矮小化されて捉えられているようだ。
コンピテンシー管理(人の行動特性の管理)ができるのも、LMSの大きな売りのひとつであり、一部の人事オタクの間では割と話題になっている。
しかし、周りを見渡してみると、本当に本に書いてあるようなコンピテンシー管理をやっている企業は、見たことがない。
たぶん、人の行動特性を個別に評価し、それをシステム的に管理するのが、すごく現実離れしているからだろう。
理屈はよくわかるのだが、そもそも評価者がコンピテンシーを評価するスキルをもたなければならないが、このトレーニングだけでも膨大なコストがかかる。それに、たとえば営業部門に携わる管理者の方々にとっては、コンピテンシー以外の要素が、業績に大きく左右する、というのが実感であろう。
もし、うちの会社はきっちりコンピテンシー管理やってます、というところがあったら、一度お話を伺ってみたいものである。
 
知識工房 山崎将志

最近テレビをつけると、花粉症の話題で持ちきりである。
 
私も、10歳のころから花粉症で、かなり悩まされている。
個人的には、年々楽になっている気がしているのだが、それでもなかなかつらいものがある。
 
花粉症の人間が集まると、必ず自分がどれだけひどいかという自慢話になるのだが、最近は以下の質問をして、ちゃんとした答えをしない人とは、この話題は打ち切ることにしている。
 
「アレルギー検査した?」
 
仕事の問題でも病気でも、原因を正しく知ることが、基本中の基本である。
私もずいぶん前に大学病院で血液検査をしてもらった。もちろん、いつでも見られるところにおいてあるし、行きつけの医者にもコピーを渡してある。
ちなみに、結果は以下のとおりである。(数値は最小0−最大99.9)
 
・オオアワガエリ: 99.9
・ハルガヤ:    99.9
・イエダニ:     2.7
・ネコ:        1.1
・イヌ:        1.0
その他は、すべて1以下。
 
私の場合、みんなが大好きなスギ花粉にはまったくアレルギー反応を起こさない。なので、多くの人がつらい時期も、なんでもない。
99.9という最大値を示している2つの植物は、「イネ科」の植物だ。
新芽が出てくる5月後半くらいから、私の花粉症は本格化する。
 
実は、日本のゴルフ場の芝は「イネ科」である。
私の花粉症の時期、ゴルフ場は最悪の場所である。
何でこんなことやってんだろう、と毎年思う。
ゴルフは僕ともっとも相性の悪いスポーツのひとつだ。(悲しいけど)
 
あと、ペットブームで、最近友人の中でも家でイヌやネコを飼う人が増えてきたのだが、お邪魔するとかゆくて仕方がない。(実は昨日もかなりかゆかった・・・)
100%私のせいで、飼っている方には何の罪もないのだが、とにかくアレルギー反応が出てしまうので、どうしようもない。
 
皆さんの中にも、意味のない時期に意味のない薬を飲んでいらっしゃる方もいるかもしれない。
ぜひ、検査をお勧めします。
 
組織の診断とかも、血液検査くらいの精度があるようなものができたらいいなぁ、といつも考えているのだが、なかなか難しいですね。
 
 
話は変わるが、株の世界で「花粉症銘柄」なるものがある。
ためしに見てみたら、すごい!
下記4銘柄は、去年の3月くらいからずっと上昇し続けている。
株屋、恐るべし。
 
 
知識工房 山崎将志
 

aa9f177f.JPG
今日もどたばたと飛び回る一日だった。
その締めくくりは、両国の軍鶏鍋や「かど家」へ。
 
去年一年非常にお世話になった先輩のご接待。
年末に行ったら、もうそれは感動的だったので、ここなら間違いないだろうと再び。
 
19時スタートで、ちょうど僕が店に入ろうとしたときに、先輩も店に到着。
入り口を入って、二階の八畳間に通される。
 
とりあえず、何も考えずに軍鶏鍋コースを注文。
しゃもを使ったつまみが3品。
その後、主役の軍鶏鍋だ。
赤味噌仕立てのタレに、しゃもの肉、レバー、皮、野菜類をぐつぐつ煮込む。見た目はものすごくこってりしてそうなのだが、すき焼きのように生卵につけて食べると、これがなかなかマイルドである。
肉は超しっかり煮込んであるのに、なぜかやわらかい。
うん、相変わらずうまい。
 
ただ、今日の仲居さんは前回とだいぶイメージが違った。
よく言えば下町的、悪く言えば雑。
そのせいなのか、二回目のせいか、あるいは疲れていて感受性が鈍っているのかわからないが、前回ほどの感動はなかったかなぁ。
 
でも、いいお店でした。
ご馳走さま。
 

↑このページのトップヘ