どぜう鍋今日は、大学時代の仲間3人+メンバーの会社の女の子1名、計4人で恒例(となったといえるか)の「老舗をくらふ会」第4回開催。

本日は、創業200年を越える浅草の「駒形どぜう」。

今日夕方時間があったので、一回家に帰り、床屋に行き、そのあと自転車で浅草まで。
蔵前方面から江戸どおりを上っていくと、左手に一目でそれとわかる看板が!
何とも、雰囲気ありますね。どぜう玄関

一応個室を予約しておいたので、店に入って名前を告げると、「揃うまで外でお待ちください」とのこと。・・・厳しいねぇ。
で、店を見渡すとびっくり。1Fに大広間があって、そこで座って客が食べている。
テーブルはなく、畳の上に置かれた一枚の「板」に食材が並んでいる。ん、ちょっと疲れそう。
でも、客層がなんか昔っぽい。着物着た美人の女将さん風情の人が入り口近くの席で食べている。(写真中央)それから、僕の次に入ってきたお客は、「お一人様」。おぢさんがサクッと一人でどぜう鍋を食べるのもオツですねー。

どぜう様子

10分遅れくらいで全員揃ったので、2Fの個室に通される。
よかったー、ちゃんとテーブルだ。

メニューを見ると、思ったより安い。庶民的な値段。

とりあえず、「どぜう」とついたメニューを、端から全部注文してみる。
どれもうまいねー。
中でも、やっぱ鍋が最高だ。
覚えていないんだけど、たぶん6回くらい注文したと思う。

また行きたいお店でした。