今日は仕事で名古屋に来た。

地下鉄に乗ったら、何と5ヶ国語でアナウンスがあってびっくりした。
日本語→英語→中国語→韓国語→ポルトガル語(おそらく)

東京の電車は、ほとんどの路線で音声は日本語だけで、社内の電光掲示板に英語表示がされている程度、だと思う。

「だと思う」というのは、実は自信がないから。
毎日乗ってるのに、注意力がそこに向いていないんですね。

愛知県は製造業の町で、多くの外国人の方が工場で働いていて、地域経済(日本経済も)の発展は彼らの働きに依存するところが大きいから、地下鉄のみならず、外国人の方が暮らしやすいように、いろんな配慮がなされているようだ。

ただ、絶対数で言えばおそらく東京のほうが外国人多いと思うのだけれど、電車の案内が日本語と英語だけなのはなぜだろう。

単に駅間が短いから?