青春支援企業―ドリームインキュべータは挑戦する

いろんな仕事でお世話になっている、ビジネスライターの山田清機さんが新刊を出されました。

あの堀紘一氏率いる「ドリームインキュベーター」の魅力を綴った、ライブドキュメント。成長する会社って、面白い人材がたくさんいるんだなーと感動。

特に、実質的にDI社を軌道に乗せた(と本書からは読み取れる)串崎氏の話は大いに参考になった。「Borrowing Power」は自分に大きく欠けている部分であり、またうまく行っている人・会社はこれがすこぶる上手い。

また、上場してまでビジネスをやる意味とか意義をみんなが真剣に考えていること、そしてその主張そのものにもいたく共感した。

面白い人材を、きちんと面白い人材として文章で表現できるプロのライターの力もすごいと思った。山田さんが書いたから、この本は面白いのだと思う。