2010年4月9日、日本経済新聞出版社、日経プレミアシリーズより新刊が発売されました。

タイトルは「残念な人の思考法」。

一見、友達や仕事仲間が離れて行きそうな(笑)タイトルですが、批判や非難の本では決してありません。

「残念」は「可能性」の意味です。

私自身がまだまだ「残念な人」であることを戒めつつ、社会、企業組織、個人の観点から残念な人を作り出してしまう構造を解き明かします。

その上で、私の日常生活や仕事の中で体験したエピソードをベースに、残念な人に陥らないためにはどうしたらよいかのヒントを探しています。

この本を書こうと思ったきっかけですが・・・
(自分は横においておいて)、能力もあるしやる気もあるのに、考え方が少しずれていることで、仕事がうまくいかない人や組織を見ていて、本当にもったいないと日々思っていました。
しかし、社会人生活を送っていると、なかなか自分の間違っている点を指摘してもらう機会がありません。間違ったことをすると、部下は面従腹背、上司は仕事を頼まない、お客さんは離れていく・・・。
気づいたときにはもう遅いし、なぜそういう結果になるのかは自分ではなかなかわからない・・・。
よき上司や取引先に恵まれない限りは、自分の残念な点を指摘してもらえるチャンスは、せいぜい年に数回の人事面談くらいのときではないでしょうか。特に30歳を超えるとその傾向がますます顕著になると感じています。

そういう、焦りにも似た不安感をお持ちの方も多いのではと感じ、指摘を受けづらい年齢・立場にある自分を振り返る目的も含めて筆を執りました。

今までは、特定ビジネススキル領域における、割と体系だった勉強のための本を書いてきました。
しかし、今回は残念な人を体系だてて論理的に説明すると、どうにも後味の悪い本になってしまう気がして、あえてエピソード中心にしました。本書を手に取るような読者の方々であれば、細々説明せずとも、きっと1つのエピソードから10くらいのヒントを見つけていただけると思ったからです。

ですので、この本は「ノウハウ本」ではありません。「読みもの」です。
あえて体系だったものがあるとすると、1つだけ。

「プライオリティの正否と適否を重視せよ」

今回は新書ということもあり、電車の中や枕元で気軽に読める本に仕上げたつもりです。

ぜひ、お手にとってご一読ください。